株式投資をすることで気づいたお金以外に得ることのできる3つのメリット

昨日の日経平均はいくらだったかわかりますか?

株式投資をしている人からすると当たり前の情報かもしれません。

私は、株式投資歴は4年くらいになりますが、日経平均の動向は日々チェックしています。

先日、同じ時期に投資を始めた友人と話をしてして、株式投資を始めてからお金以外でのメリットについて同じことを感じていたので、3つのメリットを紹介したいと思います。

これから株式投資を始めようか検討している方は参考にしてみてください。

ポイント1 社会・経済情勢のアンテナが敏感になり、知識が深まる

株式投資は口座を開設し、入金して初めて株式を購入した時点からスタートだと私は思います。

仮想トレードなどではなく、実際に自分のお金を投資することが大切です。

投資は自己責任で行うべきですが、実施したことで真剣に情報を収集するようになりました。

日経平均の動向やトレンドはどうなっているのか?

先物や為替の動向は日本市場やどのセグメントに影響するのか?

など、実際に投資を始めることで、これ気にならなかったニュースや情報を確認するようになりました。

ポイント2 四季報を読むようになり、会計リテラシーが高くなる。

仕訳や簿記の知識などではなく、会計リテラシー(感覚)が高まったと思います。

どこかの証券会社に口座を開設すると、投資情報が検索できるようになります。

ほとんどの証券会社では四季報が無料で確認することができます。

四季報には会社の業績動向や財務情報などが載っています。

正確に内容を理解するには財務諸表のサマリくらいは確認できる必要があります。

その会社の売上高が業界で高いのか低いのか?

成長率はどうか?

コンセンサスがどうか?

もっと詳細な情報を理解するために会社の決算説明資料やIRを読みます。

そこには、会社の状況や市場動向と会計情報が合わせて記載してあります。

いろんな会社の情報を読んでいくうちに会計リテラシーが高くなったと思います。

会計の深い知識がなくても、自分なりの読み方ができるようになると仕事などでも役立ちます。

ポイント3 株式投資していない人より早く成長ができる

社会や経済へのアンテナが高くなり、会計リテラシーも高まってくると、

投資をしていない人と比較して、知識の量に違いが出てくるため、

同じニュースを見ただけでも、理解やそこから得られることに差が出てきます。

ビジネスでの会社でも確実に役に立ちますし、周りとの差をつけることができると思います。

そして、毎日、ニュースなどの情報をチェックする習慣がつきます。

この習慣が一番大切だと私は思います。

株式投資は、最終的には収益化が必須ではありますが、

違う視点から考えると自分の成長にも役立っていると思いました。

おまけ

私は株式投資を始めて良かったと思っています。

参考になるかはわかりませんが、私の投資環境をご紹介します。

口座開設の参考になればと思います。

私は、楽天証券をメインで利用しています。サブはGMOクリック証券です。

楽天証券を利用している理由は手数料が安いからではなく、楽天証券が提供している[iSPEED]というアプリが非常に利用しやすいためです。

最初はほとんどの証券会社のアプリを利用してみたのですが、[iSPEED]がアプリでは圧倒的に一番使いやすいです。

私は休み時間などにスマホで取引することが多いため、アプリに重点をおいて選びました。

定期的にアップデータもされ、四季報やコンセンサス情報及び板情報も確認できて満足です。

投資は自己責任で行いましょう。

ではでは

年賀状印刷サービスは早期割引でお得に印刷しよう

年賀状印刷サービスは早く申みすると割引率が非常に高いのでかなりお得です。年末に近づくほど割引がすくなくなるので早めの申込がおすすめ。