withings/NOKIA(ノキア)のWi-Fi体重計「body cardio」購入レビュー|ダイエットにおすすめ!!

※この記事は、2018年11月に更新されました。

補足
withingsはNOKIAに統合されましたが再び独立したため、withingsブランドとして販売されています。どちらも機能や内容は同じです。

先日、購入したwithingsの体重計が素晴らしすぎるので紹介です。

私が買ったのは、withingsブランドの最上位の機種「body cardio」です。

見た目も、国内メーカーの体重計とは一線を画す高級感のあるデザインです。

とはいえ、見た目だけでこの製品を購入した訳ではありません。

最大の特徴は、自動記録機能やトラッキング機能など呼ばれる機能で、測定データを自動で記録したり、スマホで測定結果などを確認できることです。

数年前から、アプリなどで計測結果の確認ができる機種は販売されていたのですが、身体データをトラッキングできるアプリやサービスも増えてきたので、「ダイエットにも便利そうだし買い替えようかな~」と思い、10年前に購入した古い体重計と買い替えしました。

そしたら、あまりにも便利で、完全に食事などのライフスタイルが変わってしまったので、ぜひ皆さんにもお勧めしたいと思います。

withings/nokia|body cardio について

何がスゴイかというと・・・

アプリなどで計測結果の確認ができる機種は、タニタやオムロンなどからも発売をされていますが、

withingsの体重計では、体重計が単独で体重と体組成の全データをWi-Fi経由で自動的に記録できます。

こういった感じでアプリ上で結果の確認が可能です。

写真はwithingsの管理用アプリ「 Health Mate 」の画面イメージです。

毎日、体重計に乗っているだけで、アプリを起動するといつでもデータの確認ができます。

タニタやオムロンの機種とwithingsの自動保存がどう違うのかをもう少し詳しく説明します。

この違いが私が 「body cadio」 の体重計を購入した一番の理由にもなります。

計測結果を記録する方法が、タニタ・オムロンなどの国産メーカーは全自動ではありません。

これらの機種は、Bluetoothなどでスマホへ連動させるため、体重計に乗る前に必ずスマホを起動して同期を取る必要があります。

withingsの製品は、体重計が自動保存してくれるので、体重計にさえ乗っていれば確実でデータが記録されます。

身体データをトラッキングして確認するようになってから生活が変わりました。

私が体重計の買い替えてから、体のことが気になって、ダイエットや筋トレを初めるきっかけになりました。

毎日、確認して何kg減ったか増えたかなどを確認していました。

飲み会が多かった週を見て、反省して食事バランスを調整したりもしました。

私は、プロテインなど何種類かのサプリメントも併用していたので、その期間の推移などは体脂肪や筋肉量のチェックしていました。

特に、体組成の体脂肪率や筋肉量は、筋肉を維持しつつ脂肪が減っているかを推移で見れるので非常に重宝しました。

加えて、「Steel HR」というwithingsブランドの時計型の活動量をトラッキングツールを利用することで、日々のカロリーや心拍数なども記録できます。

これらのデータを「Health Mate」上で連動させて管理ができるので、ダイエットや運動される方には最高の環境になります。

体組成データも全データが保存されますので、スマホでデータをの推移を確認しながら、ダイエットや筋トレの強度を調整することができます。

ダイエット初めてから体重の減少をグラフで確認しつつ、モチベーション維持しながら頑張ることができます。

withings/nokia|body cardioの測定項目は?

body cardioで測定できる項目は7項目

・体重
・体脂肪率(%)
・筋肉量(%)
・体水分率(%)
・骨量(%)
・心拍数

体重は100g単位で記録できます。

日々のデータを記録して管理する場合は、一定以上の精度がないと誤差が大きすぎて推移を確認できません。

測定時、ディスプレイには、体重・体重トレンド(直近5回のグラフ)・体脂肪率・心拍数・脈波伝播速度が表示されます。

表示順序や表示内容はアプリから設定可能です。

特に、体重トレンド(直近5回のグラフ)が表示されるのは、便利です。

withings/nokia|の体重計はamazonショップで正規品の購入が可能

私は、withingsの体重計をamazonで公式ショップから購入しました。

プライム会員のため送料が無料で翌日には到着すること、クレーム対応の問合せ先が明確なこと、などを考えてamazonで購入しました。

withingsの体重計などの製品は、正規品はすべてamazonでの販売となっているようです。

withingsの「body cardio」は結構なお値段の上、なかなか値崩れしないのですが、最上位機種以外にも、測定できる項目が少ない下位モデルもあります。

現在、withingsブランドの体重計のラインナップは3製品となっています。

ダイエットや運動されていて身体管理を目的としている方は、体重以外に体組成データ(体脂肪・筋肉量等)が計測できる「body cardio」か、1つ下位機種の「body +」の購入をおすすめします。

心拍数や血管の測定が不要であれば、「body +」でダイエットなどの身体データのトラッキングは十分に対応できると思います。

body cardioの購入時に迷った点やデメリットなど

とここまで良い点を書いてきましたが、私も購入までには、不安な点もありました。

1つはアプリの使い安さです。

nokiaの管理用のアプリ「 Health Mate 」は レビューなどを見ているとnokiaブランドになってから、使いにくくなったとのレビューもありました。

購入後に使用していますが、非常に使いやすいし、特に困るようなこともありません。

個人差があると思いますが、人気のFitBitの管理用アプリと比較しても、画面は 「 Health Mate 」 の方が見やすいと思います。

アプリへのアップデートも頻繁に実施されており、nokiaも旗艦アプリとしてこのアプリへの力の入れ具合も大きいようです。

もう1つが価格面です。

安くても1万以上するし、最上位機種だと2万以上する体重計ですが、私としては、価値があったと感じています。

もっと早く購入していればよかったと思っています。

自動記録してくれることのメリットや影響が非常に大きかったです。

withings/nokia|開封の儀

Body Cardioの上面はガラス素材です。バックライト付きのディスプレーに計測した体組織データを順に表示します

とても薄いですが、想像以上に重い
サイドにボタンがあり、ここを3秒長押しすると設定が開始されます
ボタンの右側にあるのが充電用のUSBポートです(充電はフルチャージで最長12ヵ月使えます)

付属品は充電用miniUSBケーブルと説明書です
マニュアルは入っておらず、アプリから使用方法などを確認する方式です

起動にはスマホにHealth Mateというアプリのインストールが必要です。

その後、本体をアップデートすると無事初期設定完了!

まとめ

体重計として考えると、「Body Cardio」は安くない値段です。

私も興味を持ってから購入までに半年近く悩みました。

私としては、購入によって得ることのできた体験・快適さが期待以上・価格以上の価値があったと感じています。

Body Cardioはこちら

BODY + はこちら

年賀状印刷サービスは早期割引でお得に印刷しよう

年賀状印刷サービスは早く申みすると割引率が非常に高いのでかなりお得です。年末に近づくほど割引がすくなくなるので早めの申込がおすすめ。